「詩う幸せ恋人ツアー」

koino2

こんにちわ、成宮です。

 

激動の2、3月に呑まれブログ更新遅くなりすみません。

 

2、3月の濃くて濃くて濃すぎる出会いの連続のお話についても書きたいのですが、

 

本日は何より高校生団体「底上げYouth」が行った「詩う幸せ恋人ツアー」についてお話します。

 

簡単に説明しますと、気仙沼を生家に持つ偉大な歌人「落合直文」が、

 

「恋人」という言葉を始めて現代語訳で短歌に使用した人物で、

 

つまり、気仙沼は「恋人」発祥の地でもあるのです。

 

大分省略しましたが、これまで全国でも全く知られていなかった気仙沼の文学的な魅力が、

 

「恋人」というキーワードのもとにあったのです。

 

これまでも恋人にまつわる町のスポットはたくさんあったのですが、

 

うまく発信できていなかったこと、震災があったことで

 

埋もれてしまっていたのは事実。

 

そこを高校生が再発見し、再発信していこうと、

 

ずっと進めていたこのプロジェクト。

 

今回は落合直文の生家である「煙雲館」にスポットをあて、

 

そこの紹介リーフレットを高校生の視点で作成し、

 

恋のジンクスを自ら作り、

 

素晴らしすぎるほどのラブストーリーを作り上げたのです!!

 

3月24日に行われた発表会では実に85人ほどの方が集まってくださり、

 

参加してくれた高校生は同世代の輝く姿に感動し、

 

大人の方は若い力に希望を見て、

 

本当に本当に良い会となりました。

 

その場にいたすべての人が感動に包まれたのは言うまでもありません。

 

もちろんその感動の裏にはたくさんのストーリーがあります。

 

この発表会に至るまでに「底上げYouth」のメンバー、一人ひとりが悩み苦しみ涙して、

 

それでも自分たちの思いを発信していきたい、

 

気仙沼を良くしていきたい、

 

そんな純粋な思いで一生懸命ここまで走ってきました。

 

忙しさを理由に常に側にいてあげられなかったけど、

 

「底上げYouth」のメンバーならできる!と心から信じて、

 

一番側で見守っていたのは僕でした。

 

悩んでいる高校生を前に、

 

こんな時何て声をかけたらいいのだろう、

 

どんな言葉が励ましとなるだろう、

 

みんなはいつもフラフラしている僕のことをどう思っているのだろう、

 

不器用な自分は常に自問自答を繰り返していました。

 

勉強も経験も圧倒的に不足している自分だけど、

 

それでも今はただ一生懸命に自分の思うように高校生を真っ直ぐに向き合っていこうと心がけていました。

 

発表会終了後、素晴らしすぎる内容に、

 

号泣していました。

 

高校生と一緒に号泣している自分がいました。

 

気づいたら高校生の子達にも僕という存在が認められていました。

 

嬉しかったです。ただただ嬉しかったです。

 

一緒に頑張ってこれたこと、

 

悩みながらも高校生が諦めずに頑張り続けたこと、

 

多くの人にその頑張りを認めてもらえたこと、

 

交わされる言葉の一つ一つに感動していました。

 

打ち上げの焼肉でもこれまでを振り返って、

 

アンケートの言葉を見て、

 

また高校生と一緒に泣いていましたw

 

そして家に帰ってきてボランティアさん達とお酒を飲んでいる時に1通のメールが。

 

あまりにも嬉しかったので本人は見ていないことを願って省略して載せます。

 

「なるさんが疲れを見せずにそばにいてくれたから、楽しかったし、メリハリもつけれたし、なるさんの存在はかなーりでかいです!引き続きなるさんがそばにいてくれたら、Youthはもっと頑張れます。私が今日一番嬉しかったことは成宮の涙を見れたこと!笑 やっと泣かせることができました!ハグもできました! なるさん大好きです!本当にありがとうございました。」

 

正直今読み直しても泣きそうになりながら打ってますw

 

まさかのお酒を飲んで酔っている時とわかってのタイミングで送ってくるとは、完ぺきでした。

 

ボランティアの前で一人号泣でしたww

 

本当に嬉しかった発表会はスタートです。

 

実はその反響は今だ鳴りやむことを知りません。

 

今後この高校生たちの頑張りが気仙沼をより良くしていくことをここに誓います。

 

楽しみにしていてください。

 

これからも一緒に走り続けていこうと思います。

 

素晴らしい出会いに感謝。本当に本当にありがとう。

koino1

 

 

Advertisements

気仙沼ウィンクキラー

IMG_0225

こんにちは。東京でカメラマンをしている有賀です◎

以前からNPO団体「底上げ」のファンだったのですが、今回「底上げ」を通して気仙沼に行って、

気仙沼の街のファンにもなることができました。ありがとうございました!

気仙沼に出会わせてくれた「底上げ」に、そして気仙沼という街に感謝します。

「底上げyouth」で活動している気仙沼の高校生のみんなも地元を底上げするために頑張ってて、みんな目が輝いてた。

未来に向かって行動することは素敵だなって改めて思った。自分もがんばろう。

 

気仙沼にいる間は、自分なりにも気仙沼をどう魅力ある街にするか考えてました。

お魚などの水産物は、涙出るくらいに美味いってのはもう言うまでもないんですが、その他になにかあるとしたら・・・

 

自分の好きなジャンルで考えてみた◎

気仙沼×映画

気仙沼×ファッション

気仙沼×帽子

気仙沼×靴

気仙沼×音楽

気仙沼×スポーツ

気仙沼×キャンプ

気仙沼×カフェ

気仙沼×アート

 

あの津波ですべて流されたあの広大な土地で何かをすることは、感情を踏みにじる行為と思われても仕方がないけれど

最大限配慮をしながら、新しいなにかができないか?そればかり現地で想いにふけってました。

 

例えば・・

港の前で、夏の屋外での映画祭ができたらいいな。

気仙沼の夜の星空のした、お年寄りや子どもたちや若者が御座敷きながら、スタンリードーネンの「パリの恋人」や「雨に唄えば」や「マイフェアレディ」とか観れたら本当に素敵だろうな。

新進気鋭のクリエイター達によるファッションショー開いたり、全国の古着屋が集まって、お洒落なかっこいい服が揃った古着市できたら最高だろうな。

香川の直島みたいにアートの街にしたら、いろんな文化のひとたちが気仙沼に訪れるだろうな。短歌もアートだし。短歌フェスってゆうフェスティバルな感じにしたら盛り上がりそうだな。

日本全国の美味しいパンケーキ屋が「一ヶ月限定カフェ」として交代でお店開いたら、仙台や東京からでさえもお客さん来るだろうな。

安波山や市民の森で「気仙沼ロックフェス」とか「気仙沼ミュージックキャンプ」とか、お酒飲んで音楽聴きながらゆらゆらできたらほんと気持ちいいだろうな。

気仙沼の企業・お店・個人が集まって、あの登り坂から頂上まですべて使って定期的にフリーマーケットできたらいいな。

津波避難をするルートを競争して走り抜けるレースを作って一年に一回の大会にしたら、津波が来たときの逃げ道を何世代にも渡って感覚として伝えることができるなあ。

一般部門だけでなく、親子部門、キッズ部門とかあったらなおさら身につくんじゃないか・・・

などなど、

そんなことを気仙沼にいる間、勝手に街づくりを妄想してました笑

 

2週間に一回でもなにか面白そうなイベントがあったら若いひとは気仙沼に目を向けてくれて

気仙沼はワクワクする街って感じてもらえるんじゃないか・・

ワクワクする街に人々は惹きつけられて住み出すんだと思う。

 

考えると「気仙沼」って言葉は強いインパクトがあるから

気仙沼の言葉の冠をつければ、知名度はあがるような気がする。

そもそも自分自身が去年、気仙沼パン工房の「気仙沼パン」というパンを求めて気仙沼に来たんだった。

あの「気仙沼パン」の柔らかすぎてふわっと消えていく食感は、一度食べたらほんと病みつきになって毎日食べたくなる。

 

「短歌」だったり「恋人」だったり「リニアコライダー」だったり、いろいろ未来を創りだそうとしている今の気仙沼が大好きです。

豊かな海と豊かな山に囲まれてるんだもん、気仙沼は可能性がたくさん秘められた土地だと思う。

まだ行ってない皆さんも「底上げ」を通して子どもたちの勉強のお手伝いをしながら、気仙沼に遊びにいらしてください。ぼくもまた遊びに行きます。

 

成宮さんと高校生のみんなとボランティアの皆でした「ウィンクキラー」てゲームは、気仙沼での一番の思い出になりました!

ボランティアの皆さんも「気仙沼ウィンクキラー」しに来てください!!すごくおすすめです^^

 

 

夜、そこそこハウスの路上でのんびり歯磨きしながら上を見あげたら、

美しく輝いた星空が一面に咲いてました。

 

IMG_0247

IMG_0228

IMG_0240

アンニョンハセヨ、気仙沼

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

皆さん、おはようございます。

早稲田大学3年の金相佑と申します。

気仙沼は今回で3回目で、六日間なるみさんを追いながら普通のボランティアならできないことをたくさん経験しました。

私の出身は韓国で、震災の時は徴兵で何も感じたりすることができませんでした。

去年大学の活動で気仙沼にくることになって、今は田舎に戻る感覚でやってきました。

とても楽しい六日間でした。

暖かい人々に出会い、その人たちの頑張る姿を隣からみることができました。

もちろん一瞬で終わった1週間でしたが、また来るからあんまり寂しくはないです。

成宮さん、望洋の社長とおばさんたち、気仙沼の小学生、中学生、高校生の皆

ボランティアのアキラ君、トンちゃん、ひろしさん、ヤマ君、しょうへい君

まーさん、山口さん、こーや君、さやかちゃん、春さん、ミキティさん

また東京と韓国で会いましょう!

ではまた夏に来ます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

311への想い

こんにちわ、成宮です。

 

昨日で震災より2年の月日が流れました。

 

「支援団体として3月11日は何をやるの?」

 

とよく聞かれました。

 

でも僕は、

 

地元の方が多くのイベントや追悼を行うので、

 

自分はいつものようにごく普通の日常を過ごせたら、

 

そんな風に思っておりました。

 

この日に対しての自分の想いを表に出すことも何か違うようにも感じてました。

 

この日をきっかけに多くのボランティアが来てくれました。

 

久しぶりに会えた仲間もいます。

 

嬉しかったです。

 

2時46分は多くの仲間と共に、去年と同じく安波山にて黙祷を行いました。

 

感慨深いものがありました。

 

その後は学生達のイベントに参加させてもらい、夜は交流会。

 

飲んで楽しんで、自分の中ではいつもと変わらない日常でした。

 

帰ってから1通のメールに気づきました。

 

地元の方からでした。

 

「私の大好きな気仙沼を愛し、支えてくれて感謝します」

 

嬉しいなーなんて思いながらメールを見ていたら、

 

急に涙が出てきました。

 

それはお酒のせいでも歳のせいでももちろんあるのですが、

 

色々な想いが頭を巡り、涙がいつまでも止まりませんでした。

 

外で被災した土地や星空を眺めて、何を想う訳でもなくただただ涙が止まりませんでした。

 

危うく泣き疲れて眠って寒空の下で一夜を明かすところでした。

 

これからはその分思いっきり笑って笑って笑っていきたいと思います。

 

全力で気仙沼のために日々頑張ります☆

 

写真は、夏以来に来てくれたボランティアの方と、偶然話しかけてくれた米軍の方との1枚。

kaihei

ありがとう 気仙沼

こんにちは、NPO法人底上げでインターンをした、くーちゃんこと久世英貴です。

 

19日間の活動を終えて気仙沼を離れます。

 

気仙沼ではたくさんのことを感じた。

 

その中で一番印象に残っていることは、気仙沼の人は心が温かいということだ。

 

私はしゃべることに苦手意識があり、普段はあまり会話をすることがなかった。

 

気仙沼に来て、すれ違う人やお店の人とあいさつを交わして会話をすることがとても増えた。

 

それは、見知らぬ人と会話できるこの町の雰囲気のおかげだと思う。

 

人と会話することの楽しさを教えてくれた気仙沼が好きだ!

 

夏に帰ってこよう気仙沼に

 

ありがとう 気仙沼…

kuze

終わりそして始まり。。。

こんばんわ。

最近登場してなくすいません。

インターンの矢野大地です^^

 

 

3月の初め、僕が5カ月間以上温めてきた企画「気仙沼みらい創造カレッジ」が終わりました。

 

 

始まりは初めて気仙沼に来た時に感じた問題意識。

「20代少ない!!!」

「こんなんじゃ進路を考える上で狭い視点になってしまう。」

こんな感じでした。

 

 

そこから、全国の大学生と気仙沼の高校生を交流させるイベントを考えたのです。

 

 

大阪、北海道、東京、そして気仙沼

の4人のスタッフからはじまった。

 

 

情報共有の難しさ、意思疎通の難しさを感じ、なかなか進まない時期もあり、やることが嫌になったこともあった。

だけど、僕がやりたいことをやってるんだから、あきらめず取り組むことを決め12月に入り本格始動!!!

 

企画内容は一点二点したけど、結局自分がやりたいことがしっかり固まり、

 

3月1日~3日はやりきれた。

1日の望洋社長、おかみの講話

2日気仙沼みらい創造カレッジ

3日自由ワークショップ

すべてにおいて濃かった。

IMG_9674

DSC_0066

DSC_0299

IMG_1416

 

 

何より、大学生、高校生が楽しんで、そして「よかった」って言ってくれたこと

 

それが何よりうれしかったし、僕の達成感も最高潮!!!

 

 

やってよかった。そして、次もやる!

その一言です!

 

 

僕自身の成長として、大きかったのは誰かと何かをやる上で、信じてそれを任せることができたこと。

そして、これだけ意味ある、楽しい企画を作り出すことができるという確信!

本当によかった。

 

 

僕の自信はさらに上がってしまい。

何かことを起こしそうですww

 

 

そして、感化された僕の同級生が休学するそうwww

あほだな~。でも最高!!!

 

 

よし!「今」を大切に生きていこう!!

では^^