はじめまして!!

みなさんはじめまして!

昨日から気仙沼に来た宮本一輝です!

ちなみに和歌山生まれ和歌山育ちの和歌山県民なんですよね。

なのでもともと気仙沼には知り合い一人いない、自分とは何の繋がりもないとちでした。

しかし震災後の8月に和歌山のボランティア団体と一緒に気仙沼に来てボランティア活動をしたのをきっかけに凄く気仙沼が好きになって、

高校卒業後の進路を考える中に気仙沼で長期間ボランティアとして活動したいと自然に思い始めて、結果こうして底上げというとても素敵

な団体と出会い、一緒に活動させていただくことになりました。

はっきりとこの日からこの日まで。というように具体的には決めていないのですが、予定では約1年間こちらでお世話になる予定です!

この一年間、自分自身大きく成長できる大きなチャンスだと思うので、その時間を大切にしたいと思います。

正直、あまり人と話すのも得意なほうではなく、高校上がりの1年目なので何もできないのですが、

自分なりに一生懸命頑張っていこうとおもっていますので、これからよろしくお願いします!!

1369775216197 (2)

Advertisements

吉田愛莉です!

みなさんこんばんは!

知っているひともいると思いますが吉田愛莉です。

 

はじめましてのみなさま、遅ればせながら自己紹介です!

 

わたしは気仙沼で生まれて気仙沼でたくさんの愛をうけて育ちました。

進学で仙台、埼玉、カナダとだんだん気仙沼から遠ざかっていましたが、

この春、帰ってきたよ!気仙沼!

 

4月から大学を1年休学して、これから1年がっつり気仙沼を底上げしていきたいと思ってます!!!

 

そして今週からそこそこハウスに住んでます!

実家があるのに!家族もいるのに!

これはわたしなりのけじめです。

 

そこそこハウスに住むにあたりそこそこ番長の使命を授かり、

そこそこハウスを変えます!宣言!

みんなが次に気仙沼に来てくれるときまでに見違えるくらいきれいにするからね。

 

わたしはまだまだ生えたての芽です。

でも太陽を見つけてみんなに水をもらって、大きくなりたいんです。

ほんとに変わりたいんだ。変わるんだ。

 

気仙沼で過ごす1年でたくさん成長して、1年後きらきらしたい。

みんなの気仙沼愛も底上げしたいけど、

自分自身も底上げしたいです。

 

堂々と底上げインターンを名乗りたい。

 

みなさんこれからどうぞよろしくお願いします!

 

そこそこ番長

愛莉

気仙沼旅行記from関西

復興促進団体Investor大阪支部代表 大前拓也

こんにちは。関西から来ました、Investorの大前拓也です。

 

昨年の12月から気仙沼に訪れ、底上げさんを始めとする多くの方々に協力を頂きながら積極的に活動させていただいています。

 

今回で気仙沼には5回目の訪問で、運営メンバーと観光を兼ねて来ています。

 

これまでは仮設住宅等のコミュニティスペースでイベントを開催し、3月には気仙沼にちなんで「恋」という大ポスターの作成をしました。

 

inve2inve1

 

次は6月15,16日にバスケットボール教室を開催しますので宜しければお越しください!という宣伝もさせていただきましたw

 

僕自身この活動を通してたくさんの方々と繋がりを持ち、今このようにブログを書かせていただけているのも出会いの一つ。

 

この出会いに感謝しながら底上げさんのような素晴らしい団体に成長したいと思います!!!

 

ありがとうございました!!

inve3

Investor 大前拓也

底上げ1歳の誕生日

こんにちわ、成宮です。

 

先日5月11日をもって、「NPO法人底上げ」が法人格を取得してから、

 

ちょうど1年を迎えました。

 

1歳の誕生日です。

sokai21

言ってみればまだ赤ちゃんなのです。

 

理事が集まり総会を福岡で行いました。

 

団体の目的や主旨などについて改めて考えました。

kaikai1

しかしこれまで同様、何か一つ具体的な決まったものを設定するのではなく、

 

赤ちゃんのようにこれまで周りの方が支え助けてくれたのと同様、

 

これからも多くの方に成長させていただくものなのです。

 

理事の一人が言いました。

 

「底上げって、生まれたての赤ちゃんで、感覚で動いている団体だよね」

 

とても抽象的ではあるのですが、

 

何か全員が納得してしまうこの言葉。

kaikai2

もちろん多くの課題はありますが、

 

底上げという団体は、一人ひとりが豊かな人生を送るためのツールの一つ。

 

一人ひとりの感じたことを大切に、これからも成長を遂げていきたいと思います。

 

ここまで走り続けてこれたこと、助けていただいたみなさまに深く感謝申し上げます。

 

ありがとうございます。

 

これからも全力でメンバー全員は信じた道を走り続けてまいりますので、

 

今後とも宜しくお願いいたします!!

kaikai3

韓国から来てくれた大切な友人☆

こんにちわ、成宮(写真真ん中ww)です。

先日気仙沼に来てくれた韓国のユヌ君(写真左)がとっても熱い思いをブログに書いてくれました☆

とっても良い子で久しぶりの英会話も楽しかったです☆

一緒に来たキム(写真右)が和訳も作ってくれたので最後までぜひお読みください♪

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

Written by Yoon Hoo Jung (作:ジョン・ユヌ)

Life went on in Kesennuma, a small port city located about 400 km
northeast of Tokyo, as if nothing terrible ever happened. The old lady
running a small sushi restaurant continued to offer her guests a convivial
smile and politeness typical of the Japanese. A local salt producer, whose
business relies on the traditional method of depositing and evaporating
sea water in a stove to produce salt, joked about how sympathetic people
sent him stacks of bamboo trees without knowing that they would explode
in a stove. May be two years was enough time for the Kesennuma
community to recover from the blow. Its members look content, if not
outright cheerful.
On March 11th, 2011, an earthquake of magnitude 9.03 occurred near
the coast of Japan and gave rise to a tsunami that soared as high as
40.5m and traveled as far as 10km inland. Last September, Japan’s
National Police Agency confirmed that a total of 15,883 died, 6,143 were
injured, and 2,681 went missing as a result of the disaster. It also
destroyed or nearly destroyed 1,075,195 buildings. The earthquake is
recorded as the most destructive natural disaster ever to occur in Japan
and the fifth most powerful earthquake humanity has ever witnessed.
Numbers surprisingly don’t convey much, and I couldn’t comprehend the
enormity of what had happened until I hiked up the city’s highest point for
an overview of post-tsunami Kesennuma. There, I saw a vast emptiness in
the place of a lively downtown with a rusty ship at the center. The Great
Tohoku Earthquake of 2011 as it is known affected Kesennuma in the form
of a tsunami that towered 10m high. It engulfed the port in an instant and
swept everything in its path before coming to rest near the heart of the
city. Half an hour was all it took to obliterate one half of the city. As if a
hulking surge was not enough of an ordeal, the city was soon ablaze with
wildfire that swallowed what little normalcy that remained in Kesennuma.
Commercial fishing had been the city’s main industry for generations, and
Kesennuma’s port had always been populated with boats of various size
and shape. The raging tsunami carried and ripped them apart, causing a
massive oil leak that took no time to spread to all corners of the city.
Perhaps a factory exploded or an evacuating family left its gas valve
unattended, but as soon as the leaking oil found its way into a source of
fire, the entire city flared up and burned for four days. When the fire finally
died down and the survivors could look around without suffocating from
the smoke, all they could see was nothingness that stretched across a
former bustling center of activity and a 330-ton ship at the center of it. The
tsunami had carried this ship miles inland and left it behind when the surge
returned to normal. Two years have passed, but the memories the ship
evokes are still so painful that the city decided to remove it permanently
just last month.
Yet the survivors have to deal with much more than just painful memories
and psychological scars. The tsunami destroyed most means that the
community relied on to support itself. Kesennuma’s chief industry had
been processing bonito and swordfish. In fact, commercial fishing and
associated industries accounted for 85% of local jobs. A significant
portion of those jobs evaporated when entire fleets of fishing boats were
reduced to mere scraps of junk. Some survivors were lucky enough to
have resources to resume business as usual. But soon rumors spread that
Kesennuma’s fish products were affected by radioactivity as the nearby
Fukushima nuclear reactors were also damaged by the earthquake, and
any hopes of the city’s fishing industry regaining its past stature were
instantly killed. Non-fishing business suffered as well, because there were
no functioning buildings left to accommodate them. Even now, most local
businesses are housed in temporary plastic buildings, the kind you
normally see at construction sites. The main customers of this struggling
economy are volunteer workers who have come to aid in Kesennuma’s
reconstruction. The most attractive tourist spots in the area are all
tsunami-related: a tree bent by the tsunami whose resultant shape looks
like that of a dragon; a high school behind a post-tsunami waste
incinerator whose broken windows on the fourth floor are proof to how
high the wave soared; and the Plaza Hotel’s salty hot spring that provides
guests with a breathtaking view of a city now wiped off the map.
Two years was too short a time for the Kesennumans to move on and
casually say that shit happened; the wounds were too fresh and too deep.
Then how could they smile? How could they? How and why do they adopt
a deceiving facade of a happy, well-functioning community? It took me a
while to fully understand the apparent nonchalance and the more subtle
happiness that now defines the face of Kesennuma. But then, it all made
sense. What choice do they have in the wake of such a tragedy than to
constantly reassure themselves, however unconvincingly, that all is well
and life would get better? What else can they do if not find comfort in the
very warmth they share among themselves and with strangers? They
weren’t pretending, they were living their lives the only way they could live.
It was heart wrenching even for me to walk past a graveyard where a
seven-year-old girl was buried together with her grandparents, on top of
whose tombs were placed several bottles of Calpis, which is a children’s
popular beverage and apparently had been the girl’s favorite. I can only
imagine what a living hell the past two years have been to most residents
here. Yet still, Kesennuma is a place where an old sushi chef is happy to
converse with a Korean one-third his age through clumsy hand gestures
and give handmade postcards with a nostalgic image of Kesennuma he
himself drew, as a token of gratitude for visiting Kesennuma and listening
to his story.
The humanity here is overwhelming. Thank you Kesennuma, and I wish
you well.

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Japanese Translation by Sang Woo Kim(和訳:キム・サンウ)

東京から北へ400キロ離れている小さい港町である気仙沼の住民た
ちは、まるで震災なんてなかったように生活を続けていました。町の寿司
屋で働いてたお婆さんは、日本人の美徳である明瞭で丁寧な笑顔で、お客
さんをもてなしてくれました。海水を釜に沸かす伝統的な方法で塩を生産
する地域の塩田さんは、竹は燃やすと爆発することを知らない周りの人々
が、たくさんの竹の棒を釜のそばにいっぱい積んでくれたことを自慢しそ
うに話しました。「2年」という時間は気仙沼という町が復興されるには
十分な時間だったかも知れません。現地の皆さんは楽天的ではなかったも
のの、少なくとも幸せそうに見えたからです。
2011年3月11日の日本の沖から揺れた震度9.03の大地震は、10キ
ロ以内の内陸まで襲ってしまった最大40.5メートルの津波を起こしまし
た。去年の9月の警察庁の発表によりますと、15,883人の死者、6,143人
の傷者、そして2,681人の行方不明者の人的被害がありました。また、
1,075,195戸の建物の破壊も伴いました。東日本大震災は、日本で行った
最も破壊的だった自然災害であり、人類が経験した5番目で大きかった地
震として歴史に刻まれました。
数字というのは、意外にも物事の全てを表しません。私は震災後の
気仙沼を眺めるため、市内の丘の頂上まで登りました。そこで私は、かつ
ては活気で溢れた市内があったはずのところに、広い荒れ地と一隻の錆び
た漁船がその真ん中に置いてあるのを見られました。2011年の東日本大
震災は10メートルも聳えた津波で気仙沼を襲いました。津波は港町を一瞬
にのみ込んで、気仙沼の中心部までたどり着くまでその進路にあったあら
ゆることを奪い取ったのです。地震が行い、津波が気仙沼に着いた30分と
いう短い時間で、気仙沼の半分が消えてしまったのです。さらに災難はま
たそこで終わらず、津波の瓦礫から始まった火災は、少なくても残された
町のものを燃やしてしまいました。気仙沼は先代から継承された漁業が盛
んだ町で、内湾はいつも大小さまざまな漁船で込んでいました。市内まで
疾走した津波は漁船を寸々に切り裂いたので、油層から流出された燃料が
町の隅々に流れ込みました。工場の施設が爆発したのか、または住民の人
がガスを閉めずに非難したのかその原因は不明なんですが、漁船から流れ
出された油はある火の元から着火してしまい、被害は気仙沼を四日も燃や
した火災まで至ることになりました。鎮火のあと煙りで窒息されていた避
難民の目にやっと見えてきた光景とは、荒れ地になった生活の中心地と、
そこに置かれた330トンの漁船だけでした。津波が漁船を陸地の奥まで運
んできたのです。そのあと2年が経過しましたが、漁船が呼び起こす現地
の人の思いは今でもとてもつらいものなので、気仙沼市はたった先月に船
を撤去することを決めました。
だが気仙沼の生存者たちに残されたのは、悲惨な記憶や心の傷だけ
ではありませんでした。津波は港町を支えてきた生活の基盤も破壊したの
です。気仙沼の重要な産業は漁業で、主にカツオとメカジキを近海から水
揚げし加工してきました。実は漁業とその関連業界が、気仙沼地域の仕事
の85パーセントを占めていたそうです。漁船の艦隊が津波で瓦礫になって
から、当然ながら多くの気仙沼の仕事も震災と共に蒸発してしまいまし
た。一部の漁師が仕事をやっと続けるようになりましたが、同じく震災で
破損された福島県の原発事故の影響で、気仙沼を含む東北の水産物が放射
線で汚れてしまったという噂が世の中に流され、漁業の復興への希望も一
瞬に折れてしまったのです。漁業外の産業も、インフラが破壊されたため
被害が大きかったです。現在に至っても多くの商店が、工事現場でよく見
かける仮設のビルで営業を続けています。復興のため遠くから足を運んだ
ボランティアたちが、気仙沼の商業を支える重要なお客さんになっている
状態です。気仙沼の魅力的な観光スポットも、津波に折られて“龍”の姿を
している松の木とか、瓦礫を燃やす焼却炉の後ろにある4階の窓のグラス
まで破られた高校だった建物とか、地図から消された市内がよく眺められ
るプラザホテルの塩辛い露天温泉など、観光地すべてが震災と関連された
場所ばかりでした。
震災が残した傷があまりにも深くて生々しいから、2年という短い
時間で気仙沼の住民たちが復興を満喫し、震災のことを普通に語れるよう
になるなんてあり得ないはずです。「だったら今の気仙沼の住民たちの笑
顔って何だろう?」「どうやって微笑むの?」「なぜこの町の人々は元気
なコミュニティーの中で幸せそうに暮らしている建前をしているんだ?」
震災後の気仙沼の「顔」である無邪気で定義しがたい「気仙沼の幸せ」を
理解するため、私には長い時間が要りました。そして突然、これらの疑問
からあることを悟りました。気仙沼の被害者には、こんなにつらい震災の
ことを経験した以上、いくら未来が不安でも復興のことを信じて、自分た
ちを慰め合うこと以外には何ができたのでしょう。自分たちと他人の絆で
ある「優しさ」を信じないと、他に何を信じれたのでしょう。結局、気仙
沼の人々は嘘をついていませんでした。住民たちは生きていくため、そう
選ぶしかなかったのです。市内の丘を登ったとき、七歳の女の子と祖父母
3人が同じ日付に埋められていた墓地を偶然に見つけて、心から何とも言
えない悲しさを感じました。碑石の上には、おそらく彼女が好きだったは
ずのカルピスが置いてありました。ただ私は「気仙沼の人々にとって『震
災後の2年』は正に『生地獄』だったんだろう」と想像することしかでき
なかったのです。けれど同時に、気仙沼は仮設の寿司屋のおじいさんが、
自分の年齢の3分1くらいに見える言葉の通じない異国の若者に手足を振り
ながら何かを熱心に説明し、そのあと喜んで自分が描いた昔の気仙沼の絵
がある葉書を自分の話しを聞いてくれた恩返しでくれた、とても暖かい港
町でした。
気仙沼のみんな一人一人から感動を受けました。本当にありがとう
ございました。これからの気仙沼の復興を祈ります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA