気仙沼だいすき。

515

振り返ると昨年の8月20日、僕は初めて気仙沼を訪れた。

004

そして、そのきっかけをくれたのは同年3月に出会った、NPO法人底上げの代表をしている矢部寛明だった。

今、思うと偶然ではない。必然だったと思う。

この人に合わなければ僕の人生はもっともっと面白くないと思う。
そして、社会に埋もれ、人に埋もれ、テレビ社会すべてだと思い、何も考えず選挙にも行かない…

そんな人生に。

ただ、僕がこの道をたどることのないのは決まっていたのだと思う。

神様とか特に信じていない。人間だって信じていない。親だって、友達だって。社会なんて特に!

信じられるものなんて自分しかいないと思っていた。

そんな、かなしく、そして不純な心をした僕を何かが救ってくれたのだと思う。

今ではわかる。それは神様でも、親でも、友達でも、ひろさんでもない。「自分」だと。

もちろん他の人のサポート、刺激が無ければ進めない。

ただ、そこで選択し、行動できるのは自分しかいない。そう思えるようになった。

2012年10月  「休学」
人生であんなにも悩んで、苦しんで、自分を信じた瞬間は無いとおもう。
「休学」って、そんなに高い壁ではないという人もいると思う。しかし、僕の人生の中で幼稚園~高校まで、今の決められた社会の構図から離れたことも、離れようとしたこともなかった。そんな自分だったからだ。

「何で、休学したの?」とか「休学して何をするの?」

ってよく聞かれた。

僕はいろいろきっかけはあるよ。。。と答えた。

そして、「ヒッチハイクしているときに…」、「気仙沼の子どもが…」と話していた。

それは本当で、何の偽りもないが、今思うと「新しい自分を見つける」そんなタイミングだったんだと思う。

既存に敷かれたレールの上では考えられないとても多くの知りたいことがあったのだと思う。

2012年10月11日~2013年9月10日   底上げインターン

IMG_0252

IMG_0184

003

346

DSCF2247

DSCF2501

DSCF2549

DSCF2740

DSC_0198

DSCF2825

DSCF2829

DSCF2833

DSCF2836

DSCF2840

DSCF2846

DSCF2851

これらすべてが今までの僕にはなかった感覚でした。

1年間を振り返ると「人」だなと感じます。

人に恵まれ、人に助けられ、人に教えられ。
人と笑い、人と泣き、人とケンカし。

人ってすごくすごく素晴らしいものであると同時に、すごくもろい存在だということも。

昨日、けらけら笑って過ごしていた、楽しい日々が
今日は人の尊厳を失い。血にまみれ、我を忘れ、破壊を繰り返す。そんな生きものだということを知りました。

この1年、とても大きなものを与えてくれた気仙沼へ

気仙沼の人たちへ

底上げを支援してくださっているみなさんへ

かかわった多くのみなさんへ

親へ

ひろさん、なるさん、ゆっけさん、りょう、かずきへ

本当にありがとうございました。

僕はまた、新たなスタート地点に立っています。

よーい、ドン
とは行きませんが、僕なりの速度で進んで行く様を見ていてください。

気仙沼だいすき。2013年9月30日   底上げインターン(2012年10月11日~2013年9月10日)  矢野大地

DSCF2854

僕とサンマと気仙沼

こんばんは。そして初めまして!
今週受け入れをして頂いております、兵庫県宝塚市出身の嶋吉と申します。

一輝からを頼まれたので本日は嶋吉が更新させていただきます^^

早速ですが報告!
今日は、そこそこハウスでサンマBBQをしました。 

IMG_0303

気仙沼のサンマめちゃめちゃウマいです!!
こんなデカくて脂ののったサンマは見たことない!しかも安い!笑
これを庭でじっくり炭火焼にするともうたまらないっす!><
これだけでも来て良かった!
最高に幸せなひと時でした^^

それはそうと今日でこちらに来て3日目ですが、市内を案内してもらったり、学習支援のボランティアをしたり、おいしい魚を食べたり、毎日貴重な経験をさせてもらっています。

実は今回僕が気仙沼を訪れたのは、底上げさんにいつもお世話になっている高校時代の恩師の先生の言葉がきっかけです。

「今何も考えてなくてもいいから、とにかく自分の目で東北を見て来い」

そんな言葉に背中を押されて、気仙沼までやって来ました。

そして、今改めて「自分の目で見て、自分の心で感じる」ことの大切さを噛みしめています。
震災から2年半が経った今尚、復興はおろか更地にすらならずに残る被災地の姿を目の当たりにし、その被害規模の大きさに改めて言葉を失いました。

ここ気仙沼の空気を吸い

気仙沼の空気に肌で触れ

気仙沼の地を自らの足で歩き回ることで

初めて感じ取れることがある、そう強く実感しています。

二年半という年月を経てテレビやメディアでの報道は少なくなっています。正直今僕の住んでいる東京一帯に限らず、震災への関心は薄れているように感じます。
被災地の今は現在進行形の今として続いていて、報道では伝えられない一人一人の日常がある、そんな当たり前のことを気づかせてもらいました。

10年、20年と経ったときにこの町がどうなっているのか、そして僕自身がどうなっているのかも(笑)

今は全く想像できません!

でも

気仙沼は初めて歩いた時から(うちの地元の宝塚と同じくらい!(笑))スゴク素敵な町だなと思い、今では大好きな町に変わりつつあります。

縁あってこの気仙沼という美しい町を訪れ、絶品のサンマを食した一人として(笑) 誰かにこの町の美しさを伝え、僕自身も長く付き合っていけたらいいなと思います^^

IMG_0266

それでは、残りの時間も精一杯自分の目で見て感じて、

そして

思いっきり滞在を楽しみたいと思います♪

以上
真面目に書き過ぎ(笑)と突っ込まれた、しまよしがお送りしましたー!^^