2回目の気仙沼!

こんにちは!

 

はじめまして!写真

 

昨日からこちらでお世話になってます

 

早稲田大学2年の皆川晴佳です

 

 

今回で気仙沼に来るのは2回目ですが

 

そこそこハウスの前から見える景色は半年前とは少し変わっていました

 

先ほど成宮さんに車で案内してもらいましたが、

 

建設中の建物があったり、通れた道が通行止めになってたり

 

半年という時間をひしひしと感じました

 

それでも、温かい人たちや美味しいご飯は

 

全く変わってませんでした!

 

これから約2週間こちらでお世話になりつつ

 

新しい発見もたくさんしつつ

 

毎日楽しく過ごしていきたいです(^-^)

 

よろしくお願いします!

毎日が新鮮!

こんにちは、岡野です。

先週末、20年ぶり(?)なる記録的大雪により一部高速道路が通行止めになったりと、普段雪の積もらないような地域に住む子どもたちが大喜びする反面、自動車や電車といった交通機関を利用する方にとっては散々でしたね。

実は僕も乗る予定だった高速バスが全便運休になってしまい、一時はどうなるかと思いました。

あ・・・ものすごーくナチュラルにブログを書き進めてますが、そうです。初めましてです!

一昨日から、ここ底上げさんにお世話になることになりました。

気仙沼の印象というと、なんといっても人がみんなあたたかい!

どこのお店にいってもみんなフレンドリーに話してくれるし、地域の方々とスポーツをしたりと、初日から「来てよかったな」と思えるような場所でした。

IMAG1159

 

たこよしのおっちゃんにママさん!

IMAG1155

 

初日にバスケ!

IMAG1160

 

昨日はフットサル!(シューズを忘れてしまい見学してたなんて恥ずかしくて言えない・・・(笑))

来週は絶対参加するぞ!

多くの人との出会いに感謝(#^^#)

毎日が楽しみでいっぱいです。ではでは(‘ω’)ノ

 

 

 

 

このところ。。。

こんにちは!

 

お久しぶりです、宮本です。

 

最近サボってましたね。。。ごめんなさい。

 

さて、最近僕はこそこそ進めてきた自分の計画を実行しに和歌山に帰っていました!

DSC_0664

 

実家から徒歩3分くらいの浜です。

 

そのこそこそ進めていた計画と言いますのは、和歌山県民の防災意識を向上させるというもので、

 

今回初めての実行となりました。

 

今回は自分の出身の高校である南部(みなべ)高校で授業を1時間頂いて、クラス19人の進学クラス限定で試験的に行いました。

DSC_0694

忙しい中協力してくださった先生方、ゲストスピーカーの方、メンバー、親に感謝です。

 

今回は自分の中では成功と呼ぶには程遠いものでしたが、今回の失敗、反省を今後に生かしよりよいものにしていきたいと思いました。

 

あとですね、今回和歌山も大雪でした。

 

信じれなかったです、だって和歌山ですよ?

 

IMG_3860

 

いや、おかしいです。ここは東北か?って思いました。

 

電車とまるし車走れんし飛行機とべんはで最悪でした。雪なんかだいきらいだーーーーーー!!!

 

またまた話が変わるのですがね、授業の次の日にね、あのかの有名なアドベンチャーワールドに行ってきましたよ!!

 

え?アドベンチャーワールドなんか知らない??

 

いやいやいやいやいやいや!!!!!!!!

 

アドベンチャーワールドですよ???

 

日本で唯一パンダが常時いて、日本で唯一パンダの繁殖に成功しているアドベンチャーワールドですよ!?

 

え?わからない??

 

見た方が早いですね、百聞はなんとかってやつですね。

 

IMG_3738

 

ほらパンダさん。

哀愁漂うこの背中。

 

IMG_3742IMG_3837

 

かわいいでしょ??

 

しかもですね、最近しろくまの赤ちゃんも生まれました。

 

これがまたかわいいの!!!

 

みたい?

 

みたいですか??

 

IMG_3791

 

ね?生で見たときの感動はすごかったです。

 

かわいいなぁぁ。。。。

 

それにしても熊ばっかり。

 

さすが熊野古道通ってるだけのことはありますわ。

 

アドベンチャーワールドの宣伝になってしまっていますが本当にすてきなとこです。

 

皆さんもぜひ和歌山にいらしてください。

 

もっと書きたいのですが手がかじかんで打てないのできょうはこの辺で!

 

以上宮本がお送りしました。

 

ではまた。

 

 

2013年総決算 成宮ブログ最終回

2013年12月

怒涛の12月。

師匠も走るほど忙しいので師走という由来を聞いて納得の12月になりました。

 

インドとカンボジアの起業家と底上げYouthの交流会。

僕も久しぶりに英語を話しました。

やはり起業家の方、一つ一つの言葉にも重みがありとても勉強になりました。

楽しい時間をありがとうございました。

 

底上げYouthによる「気仙沼恋人スポットvol.2」の完成。

いい感じの色合いと可能性と成長の内容にテンション上がりまくり。

バタバタしてしまってまだあまり多く広げられていないのだけど、たくさんの人に見てもらえるように頑張ります。

 

12月は珍しく東京で2回もお話させていただく機会が。

一つはトキワ松学園。

何と僕の母校の中学のお隣さん。

すごいご縁に感動です。

600人の女子中高生にも少しは気仙沼のこと伝えられたかな。

そして夜は早稲田塾にて。

僕も元塾生でした。

これもすごいご縁。

こんな偶然ってあるんですねっていうくらい感度のご縁に恵まれた東京での講演会でした。

 

底上げYouthによる埼玉での報告会。

今回は準備中にあまり関わることはできなかったけど、素晴らしい出来に感服です。

そして、Youthのフリートークの話のクオリティの高さに感動でした。

自由な場においても自分の意見をしっかりと表現し、それを人に伝え感動させる力、それが間違いなく身についてきたのです。

ひたすら感動の報告会に伴って夜は飲みすぎて高校生にドン引きされてました。

当然の結果です。

 

クリスマスは仲間と共に過ごしました。

ヒロがフェイスブックにあげた僕との写真が気持ち悪いと大きな反響を呼びました。

SNSの恐ろしさを改めて実感しました。

それでも昼から飲んで美味しい料理をみんなでワイワイできたクリスマスの夜はとても楽しかったです。

 

そして今年1年の締めくくりは忘年会。

場所の関係で、底上げYouthをなるおんちゃんの台所に招待しての忘年会。

今年1年を表すかのように全力ではしゃぎ、全力で飲みました。

みんな全力で引いてました。

酔っていながらも距離が離れていくのがヒシヒシと伝わってきました。

イメージだけを残しつつ記憶は早々に失われていきました。

2014年は少しでも記憶を保つのが目標です。

 

こうして振り返ってみても、何と楽しい毎日を過ごすことができているんだろう。

「楽しい」とにかくその一言に尽きる気がします。

2013年も出逢えた全ての人と物事に感謝しています。

僕と出逢ってくれてありがとう。

 

大変なことはもちろんあります。

でも大変って、大きく変わるチャンスなんですね。

大変なことが起きるその度に物事が好転していくことを感じました。

 

「自分が楽しくなければ人を楽しませることは絶対にできない」

底上げの理念を今年も行動で示すことができました。

 

行動はメッセージ。

とある僕の尊敬する人がモットーにしている言葉です。

少しは僕も行動で人に伝えることができたかな。

 

日々気仙沼で生活しているだけで僕はたくさんのことを学び、感じ、思いを受け取っています。

人から地から海から、いただいた思いを多くの人に伝えていくためにも、2014年も楽しんでいきます。

 

気仙沼のために、東北のために、日本のために、世界のために、今日も一人一人の意識を底上げ。

 

今日も明日もあさっても、一人でも多くの笑顔に逢うために全力で走り続けます。

ありがとうございます。

DSC_2014 DSC_2615 DSC_2624 DSC_3045 DSC_3121

 

Youthの活躍☆ 11月

条南中での放課後学習支援がスタート。

小原木中、鹿折小、小泉中、気仙沼中、階上小に続いて気付けば6校目となる教育委員会のプログラム。

こんな僕が学校で先生のようなことをしているなんて不思議なご縁があるものです。

使っている教室が校舎の外れで初めての帰り電気が消えてて夜の学校の恐怖に怯えた条南中、早い段階で柔道部の強い男子と腕相撲をふっかけて危うくも力を誇示した条南中、ひそひそと話す女子に何か聞いたらアナウンサーの人に似てるよねって言われてそれ僕だよって答えて仲良くなった条南中、女子の描いた落書きのクオリティが高くて一緒に楽しんでたら先生に見つかって気まずさを感じた条南中、年明け初日の出でやんちゃそうなグループがあると思ったらほとんど知り合いだった条南中、短い時間なのにすでに思い出がたくさん。

引き続き受験に向かって頑張ってもらえるように気持ちの底上げをしていきます。

NHKの「あさイチ」という番組で底上げYouthが取り上げられました。

良い番組でした。

非常に多くの方に底上げYouthのことを知ってもらえてすごい反響がありました。

ありがたい限りです。

これからも驕ることなく活動のアピールに努めていきます。

同時に底上げYouthはボランティアスピリットアワードにてコミュニティ賞を受賞しました。

予想以上にかっこいい楯とメダルをいただきました。

個人的に賞とかもらったことないので、みんなには言わなかったけど一人の時にメダルを首にかけたり、楯をかっこよく飾ってみたり実は何げにテンション上がってました。

個人としても賞がとれるように輝いていきます。

中身も外見も。

DSC_1845 DSC_1267 DSC_1356 (2) DSC_1637 kao

アイドル最高☆ 10月

岩井崎でのライブフェスタのお手伝いをして、来年こそは僕もボーカルで出演します!と打ち上げで豪語した10月。

バンドメンバー探さなくっちゃ。

 

愛知に行ってきました。

気仙沼が生んだ最高のアイドル、「SCKガールズ」の付き添いです。

一緒に愛知県豊田市の小中学校を周り、ライブを行ってきました。

僕はただの盛り上げ役として、果たして役にたっていたのかどうかは不明ですが、とにかく楽しく感動の毎日でした。

気仙沼にいる時とは違った意味で、人の思いに直接触れることができた、そんな感覚でした。

また、SCKのパフォーマンスのレベルの高さ、人に感動を与える力を肌で感じることができました。

これからは一緒に気仙沼を盛り上げていく仲間として、僕も全力でサポートしていきたいと強く思いました。

 

仕事で東京にも行ってまいりました。

ヒロの最高のスケジューリングのおかげでとにかく人に会い思いを共有した3日間。

お世話になっている人との食事や仲間との打ち合わせ、大学の教授から、パタゴニアのイベントまで、とにかく人と会い話をしての繰り返し。

自分の思いを再確認する作業としては本当に貴重な時間です。

人に会って話をすること、これが一番の仕事であり、必要なことであり、僕自身なんですね。

 

底上げYouthによる第一回あざら会では、予想をはるかに裏切る美味しさに感動でした。

もっと闇鍋的な楽しさを期待していただけにフードファイターの本領はあまり発揮できなかったです。

新しい発見にみんながもっと気仙沼を好きになる良い時間でした。

 

そして、この月ほど台風を恨めしく思ったことはなかったのです。

前々から企画していた、仙台と気仙沼との大きな町コンと底上げYouthのコラボレーション。

まさかの乱発する台風によって中止になってしまうとは。

ぜひ暖かくなってから再度企画して楽しいイベントにしていきたいと思います。

そして台風を吹き飛ばす発明がされていることを星に願っておきます。

DSC_0406 DSC_0479 DSC_0698 DSC_0731 DSC_1039 tasuma

夢は叶う 9月

まず大きな夢が一つ叶った月。

ヒロがサプライズで用意してくれた、僕が人生で最も尊敬する人物「パッチ・アダムス」と会える機会。

興奮しました。

僕が中学生の時からずっと思い続けてきて、彼を目標に人と関わる仕事を選び迷わなかった日々。

イベント内容も楽しかったですが、最後に時間がない中で唯一ハグをしてもらい最高のエネルギーをいただきました。

底上げで大きい夢がすでに2個叶いました。

これも全て仲間のおかげです。本当にありがとう。

 

落合直文短歌大会。あたくしも2作品出展させていただきました。

作成した時のタイミングもあり、思いばかりで迷いの表れた作品になりました。

賞にはいたらなかったですが、ありがたいご講評もいただき、とても良い機会でした。

今後も短歌を詠み続けて来年も出展させていただきます。

 

落語の寄席も初めて生で見ました。

とにかく感動の一言です。

噺家さんの凄さを実感しました。

細かい体の動き、表現、流れ、間、落ち、全てが勉強になりました。

少しでも話術を身に付けたい自分にとっては、本当に素晴らしい機会になりました。

ありがとうございました。

 

そして9月のビッグイベントといえば、目黒のさんま祭り。

偶然にも関わらず、地元の目黒と気仙沼の繋がりを肌で感じるお祭り。

昨年は読売新聞さんに大きく取り上げていただき、本当に嬉しかったです。

家族や友達にも活動を知ってもらえて良い機会になりました。

 

とにかく僕はさんま祭りのエピソードが大好きでたくさんの人に伝えています。

18年前、落語「目黒のさんま」にちなんで一人の落語好きな方が始めた、気仙沼から目黒へとさんまを持っていって無償で配布するお祭り。

当初は批判も多くあったお祭り。しかし、とにかくこだわり続け毎年必ず開催してきたさんま祭り。

それがきっかけとなり、目黒区と気仙沼市は姉妹都市友好条約を締結することになります。

今回の東日本大震災の後、全国の中で気仙沼市への支援が一番大きかったのは何より目黒区なのです。

一つのお祭りが作った絆が結果として多くの方への支援と繋がった本当に素晴らしいストーリーなんです。

これからもこだわり続けていく中で、一緒に携われるのは幸せです。

煙で目を痛めながらもこれからも全力で美味しいさんまを焼いていきます!

 

写真は主に、気仙沼に来たボランティアの方々が詠んでくれた短歌の中から、いたメンバーの独断と偏見で選んだトップ5☆

それぞれの個性をお楽しみください☆

DSC_0085DSC_0248 DSC_0251 DSC_0252 DSC_0260 DSC_0013 youththth