1年と9カ月

こんばんは、本日も花原が投稿します。

 

今日は震災から1年と9カ月です。

 

あの日の記憶は忌々しいものかもしれませんし、忘れたいものかもしれません。

 

しかしあの日の出来事を忘れてしまってはいけない、

と僕は思います。

 

僕たちは毎月の11日に灯籠に灯をともし、黙禱を捧げています。

そして今月からは鹿折小学校の学童の皆と黙禱を捧げることになりました。

学童の先生方ありがとうございます。

 

まだまだ当時の傷が癒えていない子どもは多く、3.11を振り返らせたくないという声もあります。

僕もそれはその通りだと思います。

しかし今後は向き合っていかなければならないとも思います。

亡くなられた方々を弔い、復興に向けて進んでいかなければなりません。

 

この考えに賛同して下さった学童の先生方には感謝しています。

そして今日は、1か月前に皆で作った紙灯籠を使って、1分間の黙とうを捧げさせていただきました。

 

これから毎月11日には学童にて子どもたちと共にやらせていただきます。

 

 

そしてその後は、鹿折中学校放課後学習支援に行ってきました。

 

11月から始まったこのプログラム。

 

早いことで今日が最後。

本日は26名が参加してくれました。

 

みんな悲しい顔を一切浮かべることなく、黙々と勉強しているところを見て

「たくましくなったな!!」

と一言。

強がってみました。

 

そのちょっとあとに、「終わるの寂しい」と子どもたちが言ってくれて

うれしさを隠せませんでした。

 

最後に集合写真を撮り、数人からお手紙をいただき、先生方にあいさつをし、

僕の鹿折中での放課後学習支援の幕を閉じさせていただきました。

 

ほんとに先生方は優しい方ばかりで、いろいろ相談にも乗って下さったり、放課後にもかかわらず一緒に勉強を見てくださったり、感謝してもしきれないくらいです。

 

短い間でしたが、生徒のみんな、先生方ありがとうございました。

 

来年の卒業式是非とも参加します!!!

 

 

 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s