初の気仙沼

 

こんばんは!

 

はじめまして^^

11月22~25日まで底上げにお世話になっていました、武蔵野大学看護学部3年生の井上亜由美と曽根百合加です。

 

 

私たちが気仙沼に来た理由は主に三点あります。

 

 

1点目は、矢野君から気仙沼について話を聞き、被災地へ行ってみたいと思ったからです。

 

2点目は、私たちの友達に被災した地域出身の人がいるのですが、その友達と被災地について話をする機会がありました。

その時に友達から被災した地元について話を聞いたときに、私たちが今までメディアから収集していた情報とは一致していないことに気付きました。

そこで、自分で被災地に赴き人と触れあい、目で見て感じたいと思い、気仙沼に来ました。

 

3点目は、震災当初はメディアで騒がれていたこともあり、東北にボランティアの人がたくさんいたが、今はメディアであまり取り上げられなくなってしまいボランティアが足りなくなっているという話を友達から聞き、何か力になれることはないかと思い、気仙沼に来ました。

 

 

この三日間を通して感じたことは、一度は気仙沼に足を運んでほしいという思いです。

ボランティアと言ってしまうと懸念してしまう人もいるかもしれません。ですから堅苦しく考えないで下さい。

気仙沼は温かい人達、美味しい海の幸、野菜などたくさんあるとっても素敵な場所ですよ。

絶景スポットもたくさんありますので、観光という気持ちでもいいので行ってみてください。

 

きっかけ何でもでも構わないと思います。

 

なにより大切なことは被災地のことを風化させないこと。。。

 

一人一人の意識が高まれば被災地の未来も変わってくるのではないかと感じました。

 

それでは

底上げの皆さん、三日間お世話になりました。

また来ます♪

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s