みちのくインターシップ

9月10日からあっという間に3週間が経ちました。

 

9月10日から始まったみちのくのインターンシップ。

 

・地域のどんなところに課題があるのか。

・自分が感じた課題に対して、どうアプローチしていくのか。

 

3週間、この2点を意識してきました。

そして、昨日の事後研修で朝から晩まで、これについて深堀りしていく作業をしました。

 

かなりしんどかったです(笑)

 

でも、インターンシップに参加した人たちと話しながら、各々が持った課題とそのきっかけを聞けたうえに、同じような問題について考えている人と意見交換したりしていくと、自分の考えもしなかった手段がでてきたりで、勉強になりました。

 

 

また、ゲストの佐野さんのお話は非常にためになりました。

特に、過去の実績としての新潟県十日町の話が。

 

この地域の問題点として、過疎化・高齢化があった。

機会として、3年に1度大きな芸術祭があり、そのほかにも毎年祭りがあること、地域の食糧自給率は非常に高いこと、美しい風景があった。

 

しかし、周辺には飲食店などがなかった。

 

そこで、彼は使われなくなった靴屋を改装し、カフェ&宿泊施設を作ったそうです。

1階は地域の食材を使ったカフェ、2階は一般客用にドミトリー式の宿泊施設

 

さらに、2階には長期で滞在しながら、作業に集中するためのスペースを芸術家対象に作った。

 

海の家と同じ仕組みで、祭りの期間で1年分を稼ぐというもの。

 

まさに、地域の特性を活かし、地域に根付いた方法で、地域の問題を解決した一例です。

感動しました。

 

 

この3週間は「僕もこれからもっとがんばろう!!」と改めて思うきっかけとなった研修でした。

 

台風が近づいてきているようですね。

底抜けハウスが耐えられるか心配です。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s